通販を利用するときは必ず配送業者をチェックしています。おなじみさんが来てくれると安心だからです。

通販でかかる配送料についての考え方
通販でかかる配送料についての考え方

通販を注文するときは配送業者を選ぼう。

いつでもパソコンを開くことができ、誰にも遠慮が要らない通販は趣味と実益を兼ねた楽しみと言えます。こんな便利な物があるのか、とか、そのへんに売っていない可愛くてレア物の小物なども見て歩くことができます。面白くもないテレビをダラダラつけっぱなしでいるより遥かに良い時間の用い方だと思っています。

合板の重い家具を注文した時です。当時はエレベーターのない3階に住んでいたので、留守にしたら申し訳ないと思い、在宅しているよう心がけていました。ところが急用で出かけなくてはならなくなったのです。ちょっと帰れないところだったので、玄関に「ここにおいて行って下さい」と張り紙してでかけました。それが、帰宅した時に必ずあるはずだったのに、ないのです。伝票もなくて、その日は来なかったんだろうと思いました。翌日、いかにも慣れてない風の方が「ああ重い」と言いながら上がってきてくれました。

ここにおいてという注文者の意向より配送のかたの良心が優先されたようでした。難しいことだとは思いますが、通販でものを買うということは、人とのやりとりを面倒がらない人間性も大事なのだと学んだ次第です。結局、正確に商品を届けてくれるという当たり前の事と、配送のかたの爽やかさと、こちらの人間性の有り様がこの件でも問われるということではないでしょうか。そのどれか一つが欠けてもクレームにつながったり嫌な経験になってしまうような気がしました。


Copyright(c) 2017 通販でかかる配送料についての考え方 All Rights Reserved.