ネット通販の配送事項に関して、配達レベルや鋭敏な部分、それに交流というものがどのようなものかを分析しました。

通販でかかる配送料についての考え方
通販でかかる配送料についての考え方

ネット通販の配送事項にまつわる配達レベルなどは

配達レベルについてネット通販の配送事項に関連するところを考えてみると、日付指定などのオプション有料サービスをつけることにより配達レベルが変化することがわかります。とくにネット通販では注文者が住んでいるところによって送料が大きく変化しますから、配送事項のところに離島などとある場合には通常料金でもかなり高額になることがあります。それでも離島に住んでいながらネットを利用して買い物が出来る便利さもあり、多くの人がどこに住んでいようとも利用しているのが現状です。

鋭敏な部分に注目してネット通販の配送事項をみると、こわれもの表記をするかどうかといった鋭敏な部分に注意が払われていることが分かりました。注文はネットを通じて受けるといっても実際に荷物が運ばれる経路は従来の宅配便システムですので、ネット通販の配送事項として特に鋭敏な部分は、こわれもの扱いになるかどうかや、上下をさかさまにしたりしないように運んでもらえるかどうかというところになります。

交流という面に着目してネット通販の配送事項のことを考えてみると、ネット通販会社と運輸業者との接点において集荷などの交流があるだけで、顧客との交流は運輸業者との間になると気づきました。配送事項について日付指定などをしっかりと守るようにあらかじめ注文時に頼んでおけば、運輸業者との交流時に申し渡しをしてもらえるので注文時に頼んでおくといいです。


Copyright(c) 2017 通販でかかる配送料についての考え方 All Rights Reserved.